ひろまさ日記

ひろまさ日記 遊び、育児、株、節約など雑記ブログ

まさ次郎0歳の育児記録、育児や節約のオススメ情報など

郵便局はじめてのお年玉キャンペーン2019行ってきました

こんにちは。子供の口座を作りそびれている梅子です。

もらえる物やお金はもらっておきたいので

ゆうちょ銀行 はじめてのお年玉 の申し込みに郵便局に行ってきました。

 

ゆうちょ銀行 はじめてのお年玉 とは?

0歳で口座開設すると、来年口座に1.000円もらえるキャンペーンです。

 

かんぽ生命の不適切販売等で延期になっていたようですが、今年もやってくれて嬉しいです。この超低金利時代に口座開設のみ、預け入れ0円でもOKというのは太っ腹だと思います。

 

2019年12月13日(金)までと期間が短いのでご注意下さい。

おそらく2019年12月以降と2020年にご誕生のお子様は

例年通りキャンペーンが行われれば来年の対象となると思われますが、未定です。

キャンペーン概要

対象

キャンペーン期間中に、新規で通常貯金口座を開設いただき、かつ応募用紙を窓口にご提出いただいたキャンペーン対象者のお子さま

特典

・キャンペーン対象者の通常貯金口座に、お年玉(1,000円)を入金します。
・お子さまあてに2020年1月に年賀状をお送りします。

応募方法

通常貯金口座開設時にお渡しする専用の応募用紙に必要事項をご記入のうえ、郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行の窓口にご提出ください。

キャンペーン条件

対象

キャンペーン期間中に、新規で通常貯金口座を開設いただき、かつ応募用紙を窓口にご提出いただいたキャンペーン対象者のお子さま

  • ※キャンペーン対象者:2018年9月1日(土)~2019年11月29日(金)生まれのお子さま
  • ※通常貯蓄貯金の口座開設は、キャンペーンの対象外です。
  • ※2018年度の「はじめてのお年玉キャンペーン」ご利用のお子さまは、対象外です。
口座の
開設に
ついて

新たにお子さま名義の口座開設をお申し込みいただく際には、以下の書類等を窓口へお持ちください。

  1. ①ご来店される方の(1)顔写真付きの本人確認書類および(2)母子健康手帳や健康保険証など、お子さまの親権者であることが確認できる書類
  2. ②お子さまの本人確認書類
    ※可能であれば2種類ご持参ください。①(2)の書類と兼用可能です。1種類のみご持参の場合は、確認のため、通帳を後日口座に登録の住所へ簡易書留郵便により転送不要郵便物で郵送いたします。
  3. ③お届けいただくご印章
応募方法

通常貯金口座開設時にお渡しする専用の応募用紙に必要事項をご記入のうえ、郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行の窓口にご提出ください。

  • ※応募用紙を、郵便局の貯金窓口またはゆうちょ銀行の窓口にご提出いただいていない場合、キャンペーンの対象外となりますのでご注意ください。
  • ※キャンペーン期間(2019年11月25日(月)~2019年12月13日(金))を過ぎて応募いただいた場合や、応募用紙の記載事項不備や判読不能などにより、キャンペーンの対象となる口座が確認できない場合は、応募は無効となります。
お年玉について

キャンペーン対象者の通常貯金口座に、お年玉(1,000円)を入金します。

【応募期間・お年玉入金時期】応募時期により、入金時期が異なります。

  応募時期 お年玉入金時期(予定)
1 2019年11月29日(金)まで 2020年1月中旬
2 2019年12月13日(金)まで 2020年1月下旬
  • ※入金の時点で、口座解約等で入金ができない場合は、応募は無効となります。

ゆうちょ銀行公式 https://www.jp-bank.japanpost.jp/campaign/hajimete/cpn_hjm_index.html

持ち物

  1. 親の 顔写真入り本人確認書類
  2. 子供の 本人確認書類2種類
  3. 印鑑

決めておくこと

  1. キャッシュカードの有無(しばらくATMで引き出さない人は要らない)
  2. キャッシュカードの暗証番号

f:id:umeko5:20191125194639p:plain

今年2019年のチラシ

 

f:id:umeko5:20191125195304p:plain

私はキャッシュカードの事を考えておらず、まさ次郎が泣きだしたのでチラシだけもらって帰りました。

赤ちゃん(契約者本人)は連れて行かなくて良いのに…

 

口座を数年後に子供に渡したい場合

  • キャッシュカードは作らない(紛失防止・後から無料で作れる)
  • 暗証番号は子供に関連した番号
  • 女児は名前の印鑑

がオススメです。どれも後から変更できますが、最初の登録が大切。

 

 私は生まれた時に親が名前の印鑑を作り、銀行口座もほぼその名前印を使っています。

「私が生まれた時に作ってくれた印鑑」という特別な価値は嬉しいもので、大切にしています。